top of page
  • Hiroshi Mori

特集展示 Love Pop

高崎市美術館で開催中の「特集展示 Love Pop」に作品を出品しております。

群馬県在住のコレクター様に所蔵して頂いてる作品や、新しいNFTシリーズの「MEGA」も展示しております。

なお、会期中に2回開催されるギャラリートークにて登壇予定です。

この機会に是非会場へお運び頂きご高覧頂けましたら幸いです。


■「特集展示 Love Pop」詳細

会期|令和4(2022)年12月10日(土曜)~令和5(2023)年1月22日(日曜)

開場時間|午前10時~午後6時(入館は午後5時30分まで)

金曜日のみ 午後8時まで(入館は午後7時30分まで)

※混雑状況により入室制限となる可能性がございます。

会場|高崎市美術館

問い合わせ|027-324-6125

料⾦:一般:300(200)円 大学・高校生:200(150)円

※( )内は20名以上の団体割引料金

※インターネット割引券をご提示の方は2名様まで( )内の料金でご覧いただけます。

料金詳細は高崎市美術館のホームページでご確認下さい。

主催|高崎市美術館

協⼒|CCCアートラボ


■ギャラリートーク

日時:12月24日(土曜)/令和5(2023)年1月14日(土曜)各日午後2時~

会場:高崎市美術館展示室

定員:各日15名(予約先着順)※人数は変更の可能性あり

参加費:無料(要観覧料)

申込み:12月1日(木曜)午前10時より高崎市美術館(027-324-6125)にて電話受付


以下、高崎市美術館のリリース情報より引用


ポップ・アートの「ポップ」とは、「ポピュラー (popular, 大衆的な)」という言葉に由来しています。1950年代にイギリスで誕生し、60年代のアメリカで大きく花開いたポップ・アートは、大量生産・大量消費社会を背景に、マンガや商業広告のイメージを作品に取り込み、芸術の世界を親しみやすいものへと変えました。

本展覧会では、当館収蔵のロイ・リクテンスタイン、ロバート・ラウシェンバーグ、アンディ・ウォーホルら、1960~70年代のポップ・アート期前後のアメリカ美術を代表する作家たちの版画作品と、彼らに影響を受けた日本のアーティストの作品を中心に紹介。

「ポップ・アートの少し前」「ポップ・アートの隆盛」「かたちへの挑戦」「3つのイズム」「Love Pop」の5つのコーナーから、半世紀過ぎてなお愛されるポップ・アートの魅力に迫ります。




 

News


"Special exhibition Love Pop"


Detail of "Special exhibition Love POP" Dates|December 10, 2022 (Saturday) to January 22, 2023 (Sunday) Opening hours | 10:00 a.m. to 6:00 p.m. (Admission until 5:30 p.m.) Until 8:00 p.m. on Fridays (Admission until 7:30 p.m.) Venue|TAKASAKI MUSEUM OF ART Inquiries|027-324-6125 Fee: General: 300 (200) yen University and high school students: 200 (150) yen * ( ) is a group discount rate for 20 people or more * Up to 2 people who present an Internet discount ticket can view at the price in ( ). Please check the Takasaki City Museum of Art website for details of fees. Organizer|TAKASAKI MUSEUM OF ART Cooperation | CCC Art Lab The following is quoted from the release of TAKASAKI MUSEUM OF ART. The word "pop" in pop art comes from the word "popular". Born in England in the 1950s and flourishing in the United States in the 1960s, pop art incorporated images from manga and commercial advertisements into its works, making the world of art more accessible, against the backdrop of a mass-production and mass-consumption society. changed to

This exhibition presents the prints of Roy Lichtenstein, Robert Rauschenberg, Andy Warhol, and other artists from the 1960s and 1970s pop art period, as well as their work. Introduces mainly the works of Japanese artists who have influenced him.

From the five corners of "A Short Time Before Pop Art", "Rise of Pop Art", "Challenge to Form", "Three Isms", and "Love Pop", we will approach the charm of pop art that is still loved after half a century. increase. →about the show

Comments


bottom of page