• Hiroshi Mori

HOMMAGE

最終更新: 2019年12月13日


Sansiao Galleryで開催される"HOMMAGE"へ出品します。

この度、Richard Pettibonの作品”Andy Warhol Soup Can”のパロディとして、最新作”If There Was Impossible Campbell's Soup Cans... Tomato Hello Kitty Mix"を制作しました。

是非ご高覧頂けましたら幸いです。

展示作家

木村佳代子 x ロバートメープルソープ 大槻透 x メル・ラモス 干場月花 x ロバート・ベクトル 伊東明日香 x ヘルムート・ニュートン 高倉大輔 x クリスト 森洋史 x リチャード・ペティボン 岩岡純子&久村卓 x アンディ・ウォーホル 山本麻璃絵 x ゲド・クイン 武田あずみ x セルバン・サヴ

会期

2019年12月7日(土)〜2020年1月17日(金)11:00 – 19:00(土・日・祝 – 休廊) ※12/28(土) – 2020/1/6(月)は年末年始休業とさせていただきます。 オープニング・レセプション:12/7(土) 17:00 – 19:00

会場

Sansiao Gallery

東京都中央区日本橋3-2-9 三晶ビルB1F Tel: (0)3-3275-1008 Fax: (0)3-3273-9309

info@sansiao-gallery.com

交通アクセス

http://sansiao-gallery.com/contact/

詳細

http://sansiao-gallery.com/

Richard Pettibonという人は、1960年代に成功していたアーティストの作品を正確に模倣したミニチュアを制作し「ポップアートの複製」とか「美術界を愚弄する作家」などと呼ばれ注目されたことで知られており、今回のHOMMAGEによって彼と彼の作品をはじめ、シミュレーショニズムへの興味関心がさらに深まる契機となりました。

Richard Pettibonは、特にアーティストやキュレーター、原作者、オリジナリティ、そしてアプロプリエーションとは何か、ということを再考させるきっかけを作ったという考察を見受けますが、当時、彼が複製品などとバッシングを浴びつつも何故ゆえ表現を続けたのでしょうか。オリジナリティを掻っさらい、ノベルティ的な概念によって悪意ある商法として展開したとは到底思えないのです。モダニズム以降あらゆる表現形態が氾濫する中において、批評性をともなった美術を創造したこと、シミュレーショニズムの難しさにチャレンジしたのであろうと想像すると、むしろ元ネタへの尊敬の念を感じますし、個人的にはエッジが鋭くたった非常に強度ある表現として魅力を感じます。

今回のHOMMAGE展において、私が選ばせて頂いたRichard Pettibon作品は、Andy WarholのCampbell's Soup Cansを題材にした作品です。一方で私の作品は、Richard Pettibonの作品”Andy Warhol Soup Can”のパロディとして、最新作”If There Was Impossible Campbell's Soup Cans... Tomato Hello Kitty Mix"と題して制作して参りました。オリジナリティとは何かという答えなき答えを追い求め、Andy Warhol→Richard Pettibon→森洋史の系譜が何であるかを検証し、例え美術界を愚弄する作家と罵られようともシミュレーションへの飽くなき探求と制作へと埋没するのみでございます。

If There was impossible Campbell’s Soup Cans... Tomato Hello Kitty Mix 》 アクリル絵具、ウレタン塗装、銀鏡塗装、UVシルクスクリーン印刷、木製パネル acrylic, urethane, silver mirror coating, UV silk screen printing on wood panel 60.6×45.5×3.0cm ©2019 Hiroshi Mori

I'm going to participate "HOMMAGE" in Sansiao Gallery, Tokyo.

I created the latest work "If There Was Impossible Campbell's Soup Cans... Tomato Hello Kitty Mix" as a parody of Richard Pettibon's work "Andy Warhol Soup Can".

I would be happy if you can come to the exhibition, I hope you can join us. We will have a opening reception on Saturday, December 7th from 5pm.

Sansiao Gallery is pleased to announce “HOMMAGE”, a series of exhibitions which emerging artists creating artwork that is inspired by eminent pieces in our collection.

Artist

KAYOKO KIMURA x ROBERT MAPPLETHORPE TORU OHTSUKI x MEL RAMOS TSUKIKA HOSHIBA x ROBERT BECHTLE ASUKA ITO x HELMUT NEWTON DAISUKE TAKAKURA x CHRISTO HIROSHI MORI x RICHARD PETTIBONE SUMIKO IWAOKA & TAKU HISAMURA x ANDY WARHOL MARIE YAMAMOTO x GED QUINN AZUMI TAKEDA x SERBAN SAVU

Show Dates

December 7, 2019 (Sat) – January 17, 2020 (Sat) 11pm – 7pm (Closed on Saturdays, Sundays and National Holidays) *Closing from 28 December to 6 January for New Year’s holiday. Opening Reception: December 7 (Sat) 5pm – 7pm

LOCATION

Sansiao Gallery

B1F Sansho Bldg., 3-2-9 Nihonbashi, Chuo-ku, Tokyo, 103-0027, Japan Tel: +81(0)3-3275-1008 Fax: +81(0)3-3273-9309

Show Information

http://sansiao-gallery.com/en/


© 2016 HIROSHI MORI.