top of page
  • Hiroshi Mori

森洋史 個展 “スーパースターとスーパーマッシュルームとファイアーフラワーのある静物”

令和5年5月26日~7月9日の期間、AMMON KYOTOにて森洋史 個展 「スーパースターとスーパーマッシュルームとファイアーフラワーのある静物」を開催致します。


以下、AMMON KYOTOのリリース情報から一部引用し本展についてご案内させて頂きます。


このたびAMMON KYOTO では、2023年5月26日(金)より現代美術家・森洋史による「スーパースターとスーパーマッシュルームとファイアーフラワーのある静物」を開催いたします。森洋史は、古典やポップ・アートの名画、またアニメやマンガ、ゲームからの引⽤といった既存のイメージを組み合わせてパロディを仕掛けた作品を制作しています。 是非ご高覧賜れますと幸いです。


展覧会情報


森洋史 個展

スーパースターとスーパーマッシュルームとファイアーフラワーのある静物」


期間|2023年5月26日(金)~7月9日(日)

時間|11:00~19:00 / 無休

会場|AMMON KYOTO

入場|無料

主催| AMMON KYOTO

企画協力|CCCアートラボ

作品展示に関するお問い合わせ|info@ammon.co.jp

〒604-8004 京都市中京区三条通河原町東入中島町 87

Tel / Fax:075-366-4400


■本展に寄せて


今回、ヨーロピアンオールドマスターであるポール・セザンヌの静物画に着眼し、アメリカンポップの巨匠であるロイ・リキテンシュタインのテイストにて現代に見られる大衆的イメージとのシミュレーションを展開しながら仕上げております。

この静物画で描かれているモチーフの数々は某有名ゲームに登場するアイテムを羅列した格好になりますが、ゲーム内でこのアイテム群を獲得するとプレイヤーの遊び方に優位な変化をもたらしてくれる一方で、獲得せずスルーした方が良い時もあったり悩ましさに駆られる時があります。

ゲームという枠の中で見事に人間への揺さぶりを可能にしている事に感心しつつ、我々が生きる現実社会においても諸々取捨選択を迫られる場面に遭遇し悩まされたりすることがしばしばあります。そんな時にいつも思うのは、善きも悪しきも明日への糧となるはずだから臆さず突き抜けるまで徹する、ある意味、「毒を食らわば皿まで」・・・そんな愚考に駆られ、かつ元ネタ方々へのリスペクトを以て描いた節操無き静物画となります。

ご高覧のほど何卒よろしくお願い申し上げます。


スーパースターとスーパーマッシュルームとファイアーフラワーのある静物

素材|アクリル絵具、ウレタン塗装、パール顔料、LED-UV硬化用材料、木製パネル

サイズ|72.7×91.0×3.0cm

制作|2023年


■展覧会詳細

 

「Still Life with Superstar, Super Mushroom and Fire Flower」 - Hiroshi Mori Solo Exhibition


I'm excited to announce my exhibition at AMMON KYOTO, where I will be showcasing about my art works. I would be happy if you can come to my exhibit, I hope you can join us.


Artist Statement

This time, I focused on still life paintings by the European Old Master, Paul Cézanne, and created a simulation of the mass images seen in contemporary art, using the style of Roy Lichtenstein, the American Pop art master. The motifs depicted in the painting are arranged like items that appear in a certain famous game. While when players acquire one of the items in the game, it can bring about significant changes in how they play, there are also times when it is better to pass over them without acquiring them, so this choice can be a source of anguish. While I admire how games can stir emotions in people within the context of the game, I also realize that we often encounter situations in our real-world society where we must make difficult choices. When faced with these situations, I always think that both the good and the bad will become nourishment for tomorrow, so we should persevere and push through without hesitation. In a sense, "one may as well hang for a sheep as a lamb." Driven by such a foolish idea, I have created an unscrupulous still life painting with respect to the original works. I hope you will enjoy the exhibition.


Date : 26 May. 2023 - 9 Jul. 2023

Opening Hour : 11:00 - 19:00

Regular holiday:No holidays during the exhibition period

Location : AMMON KYOTO

Organizer : AMMON KYOTO

Cooperation : CCC ART LAB

Inquiries about the exhibition : info@ammon.co.jp

87 Nakajima-cho, Sanjo-dori Kawara-machi Higashiiru, Nakagyo-ku, Kyoto 604-8004, Japan Tel / Fax: 075-366-4400

bottom of page